ゲーミングPCでやりたいことは全て出来ます。

トップページ
お気に入りに追加
  

ゲーミングPCでやりたいことは全て出来ます。

クリエイターパソコンを選ぶならGPUが強力なPCをお勧めします。

GPUとは、「グラフィックスプロセッシングユニット」のことです。

 

これが強力なPCは、イラスト作成でも動画作成でも何でもこなす事が可能です。

後は、CPUでしょうか。

 

CPUは、インテルやAMDという会社の物が有名です。

パソコンの頭脳のようなものです。このCPUも性能の良いものを選ぶのがクリエイターパソコンには大事です。

 

クリエイターパソコンは「ゲーミングデスクトップPC」や「ゲーミングノートPC」みたいなパソコンのパワーを使うゲームをやるためのパソコンで対応出来ます。

最近のゲームをやるためには、パソコンのパワーを使います。という事は、イラストを描いたり、写真を加工したり、動画を制作するのにも役立つわけです。

 

動画制作では、人の声やバックで鳴っているBGM・効果音等、たくさんの素材を使って作ります。

その分、動画の書き出し時間がかかります。書き出し時間はパソコンの性能ですごく変わります。

 

その点でゲーミングPCは安心出来ます。あとは自作パソコンになります。

最近だと半自作というパソコンもあります。自分でパソコンのパーツを選んで後はお店の手慣れたスタッフの方がパソコンを組んでくれるサービスです。

 

これだと、パソコンの組み立てが苦手な人は安心出来ます。

少し価格は高くなりますが、自作PC初心者には良いでしょう。私は自作PCよりも、ゲーミングPCをお勧めします。

 

その方が自分でパーツを選ぶ必要がありません。50・60万円以上かけるなら自作PCになりますが、それよりも価格が下がるのなら、ゲーミングPCが良いと思います。

 

30・40万円くらいでパソコンを買うなら、始めから出来上がったパソコンの方が良いでしょう。